いざという時に!浮気調査のお値段

もしかしてと思ったら…

お金関係のことを知ろう

料金計算はどうなっている?

プロに浮気調査を依頼するときの一番の不安といっても過言ではないのが、お金のことですよね。
浮気調査費用の主な内訳は、人件費などの調査料、経費、報告書の作成費などの手数料、そして成功報酬に分けられます。

料金体系についても、会社ごとに様々です。
主に三つの料金体系があります。
調査員が稼働した時間分の費用の「時間料金型」、一律の料金が設定してある「パック料金型」、捜査が成功した場合に報酬量を支払う「成功報酬型」です。
注意すべき点は、「パック料金型」はすぐに捜査が終了しやすいこと。
また、「成功報酬型」では何をもって成功としているのかを明確にする必要があるということです。

予算や求める質などによって料金プランを使い分けることが必要です。

見落としがちな費用

浮気調査費用には、思わぬところでの出費もあります。
有名なものとしては、追加料やキャンセル料です。

追加料とは、調査員の数や稼働日数の増加による費用です。
よくある話では、最初の見積もりは安く出しておいて、後から追加料金を請求する会社もあります。


調査をやめたい場合に発生するのが、キャンセル料です。
浮気調査では、調査の依頼をしてすぐに調査員の確保などに動いてしまっていることがほとんどですので、やはりキャンセル料がかかってしまうのは仕方がないことです。
ですが、捜査のキャンセルを願い出るタイミングによって、キャンセル料の値段が変わってくる場合があります。
早めにキャンセルしたほうが、キャンセル料は安くなりやすいです。
キャンセルしたくなったら、早めに願い出ましょう。


このコラムをシェアする